2019.11.20

バイエルン、トッテナムの17歳FWトロイ・パロットに関心か

トロイ・パロット
バイエルンが関心を寄せるパロット [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンがトッテナムに所属するU-21アイルランド代表FWトロイ・パロットに関心を示しているようだ。19日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在17歳のパロットは、2017年夏にアイルランドのベルヴェディアからトッテナムに加入した。今夏のプレシーズンではトップチームに参加し、好パフォーマンスを披露。9月24日に行われたカラバオ・カップ3回戦のコルチェスター・ユナイテッド戦でトップチームデビューを果たした。さらに、代表では飛び級でU-21代表に選出されるなど、期待の若手ストライカーである。

 バイエルンは、ドルトムントが2017年夏にマンチェスター・Cからイングランド代表FWジェイドン・サンチョを当時17歳で獲得して、現在中心選手として活躍を続けていることを参考にして、プレミアリーグの期待の若手獲得を画策しているという。

 今年1月の移籍市場からバイエルンが狙っていたチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイの獲得は失敗に終わったものの、現在はパロットに関心を示している模様。パロットとトッテナムの契約は2021年6月までとなっていることから、長期契約を締結する前に獲得したいと考えているようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング