2019.11.19

今季絶不調のアーセナル、1月での補強は無しか「必須でない限り…」

アーセナル
アーセナルは今冬の移籍市場で補強を行わない可能性がある [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズン絶不調に陥っているアーセナルは1月の移籍市場で補強を行わない可能性があるようだ。19日にイギリス紙『メトロ』が報じている。


 アーセナルは今シーズン、プレミアリーグにて4勝5分け3敗で6位に沈んでおり、4位のマンチェスター・Cとは勝ち点8差となっている。クラブを率いるウナイ・エメリ監督は解任が噂されるようになり、クラブ職員やOBらも同監督の成績不振に不満を抱いているようだ。

 さらに、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラなどの主力選手も退団を望んでおり、補強は絶対条件であると声を上げるファンも多い。エース格であるガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンらも新契約の締結に待ったをかけるなど、エメリ監督と選手団の間に問題が生じていることも確かである。

 そんな中、同紙によるとアーセナルは1月の移籍市場では補強を行わないという。クラブのフロントが必須と判断しない場合は、早急に改善が必要な守備面の補強もないようだ。果たしてアーセナルはチャンピオンズリーグ出場圏内に入ることができるのであろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング