2019.11.19

トレイラ代理人が現状を吐露「彼は苦労している」…去就にも言及

ルーカス・トレイラ
今季はスタメンわずか4試合にとどまっているトレイラ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するウルグアイ代表MFルーカス・トレイラの代理人が現状についてコメントした。ロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が16日に伝えている。


 トレイラは昨シーズン開幕前にサンプドリアからアーセナルへ加入した。昨季はプレミアリーグ全38試合中34試合に出場するなど主力として活躍したものの、今シーズンに入ってからは出場機会が激減。プレミアリーグ第12節終了時点で9試合に出場しているが、スタメンでの出場機会はわずか4試合にとどまっている。

 このような状況の中、トレイラにはイタリア方面からの関心が報じられている。中でも、ナポリとミランは本腰を入れて同選手の獲得を画策している模様だ。

 トレイラの代理人を務めるラファエレ・ベンタンクール氏は、同選手の去就について「フットボールの世界では全てが起こり得る」とコメント。また、現状については「トレイラはアーセナルでハッピーだけど、チーム内での役割が変わったことには苦労しているようだ。今季はチーム全体が上手くいっていないけど、チームが依然としてトレイラを必要に思ってくれることを願っているよ」と語っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る