2019.11.13

プレミアで最も“エコ”なクラブはどこ? 英『BBC』が全20クラブを8項目で評価

レスターのサポーター
レスターはスタジアムコンコース内の飲食店で再利用可能なビール容器の使用を開始した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イギリスメディア『BBC』は12日、スポーツイベントの低炭素化などを支援する『スポーツ・ポジティブ・サミット』と協力してまとめた「プレミアリーグに所属する全20クラブの『持続可能性』に関する調査結果」を報告した。


 調査の主題は、「英国内で最も世界的に認知されているブランド(=プレミアリーグ)にいるイングランドの主要なサッカークラブは、環境支援のために何をしているのか?」だ。評価項目は「再生可能エネルギー」「節エネルギー」「持続可能な輸送機関」「使い捨てプラスチックの削減または除去」「廃棄物管理」「節水」「植物由来または低炭素の食品オプション」「(環境支援への)連携または関与」の8つで、各クラブはスタジアムや練習場、オフィスで率先的にアクションを行なっている場合は1ポイント、計画が策定されているが実行には移されていない場合は0.5ポイントをカテゴリ毎に獲得する。

 順位は以下の通り。

▼1位(8ポイント)
アーセナル
マンチェスター・C
マンチェスター・U
トッテナム
▼2位(7.5ポイント)
ブライトン
ニューカッスル
ウェストハム
▼3位(7ポイント)
アストン・ヴィラ
エヴァートン
シェフィールド・U
▼4位(6.5ポイント)
バーンリー
チェルシー
リヴァプール
ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ
▼5位(6ポイント)
ボーンマス
ノリッジ
▼6位(5.5ポイント)
レスター
サウサンプトン
▼7位(4.5ポイント)
クリスタル・パレス
▼8位(2.5ポイント)
ワトフォード

『BBC』は1位になった各クラブの取り組みを紹介。トッテナムは練習場の屋上緑化を進め、敷地全体における雨水の捕捉と再貯留を可能に。マンチェスター・Cが練習場内に設置した“緑の回廊”は、様々な種類の蛾や蝶、コウモリの生息地であると同時に、チョウゲンボウなどの営巣地ともなっている。また、アーセナルは『エミレーツ・スタジアム』全体の電力を賄う蓄電池システムを導入している。

 ランカスター大学のマイク・バーナーズ・リー教授は、各クラブの取り組みについて、「一歩を踏み出すのは素晴らしいことですが、いくつかの良いアクションはただ表面をなぞっているだけで、まだ最も重要な領域に取り組んでいません。非常に良い面としては、再生可能エネルギーでスタジアムに電力を供給をしています」と評価した。

 また同教授は、クラブが二酸化炭素削減に向けて取り組むべき重要な分野も指摘。クラブはファンに対して、「公共交通機関やカーシェアなど持続可能な移動手段の奨励」や「肉と乳製品の削減」、「非プラスチック包装を使用し、ファンにコップや皿の持参の呼びかける」などの能動的なアクションを起こすべきだと主張した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング