2019.11.13

サラー、エジプト代表から負傷離脱が決定…左足首に装具着用

サラー
サラーはマンC戦で1ゴールを挙げて3-1の勝利に貢献 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エジプトサッカー協会(EFA)は12日、エジプト代表FWモハメド・サラー(リヴァプール)が代表戦の2試合を負傷欠場することを公式Twitterで発表した。


 アフリカネイションズカップ2021予選に臨むエジプト代表は、14日にホームでケニア代表と、18日にアウェイでコモロ代表と対戦する。だが、この2試合はエースの欠場が決まった。

 EFAの公式Twitterは「検査の結果、サラーがケニア戦とコモロ戦に出場できないことが確認されました」と報告。掲載された写真には、サラーが左足首に装具をつけている姿が映されている。

 地元紙『リヴァプール・エコー』によると、サラーは10月5日に行われたプレミアリーグ第8節のレスター戦でイングランド人MFハムザ・チョードゥリーのタックルにより左足首を負傷。今月10日に行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・C戦で相手MFフェルナンジーニョのタックルを受けて、左足首のケガを悪化させたという。代表ウィーク明けの23日に行われる次節のクリスタル・パレス戦も欠場する可能性があるようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング