2019.10.22

チェルシー、MFマリノフスキーの動向を注視…獲得は処分消化後の来夏に

マリノフスキー
チェルシーはマリノフスキーの獲得に関心を示している [写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーはアタランタに所属するウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキーの獲得に関心を示している。21日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。


 マリノフスキーは今夏の移籍市場でKRCヘンクからアタランタへと加入。移籍後、すぐにイタリアでのプレーに適応し各メディアやファンから高評価されている。

 チェルシーは選手獲得禁止処分が来夏の移籍市場から解禁となるため、それまでの期間はマリノフスキーの動向を注視するようだ。クラブを率いるフランク・ランパード監督は同選手の攻撃センスを高く評価しているという。

 チェルシーは今シーズン、5勝5分け2敗で暫定も4位についており、一時期はスロースタートとも言われていたが現在は好調なパフォーマンスを見せている。選手の獲得も可能となる来シーズンからは、ランパード監督の新体制がいよいよ本格的に始動するに違いない。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング