2019.10.15

イングランド代表戦で人種差別行為…ラッシュフォードらが被害に

ガレス・サウスゲート
イングランドとブルガリアの一戦は人種差別により一時中断した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 14日にEURO2020予選のグループA第8節が行われ、ブルガリア代表とイングランド代表が対戦。イングランドが6ー0で勝利した。同試合で、一部の観客席から人種差別行為が見受けられたという。イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日に伝えている。

 報道によると、イングランドの選手に向けた人種差別が確認され、審判とガレス・サウスゲート監督らが協議を行った結果、ハーフタイム前に試合は2回中断されたという。

 『スカイスポーツ』は、タイロン・ミングス(アストン・ヴィラ)とマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)がモンキーチャント(猿の鳴き真似)の被害を受けたと報告。同メディアのロブ・ドーセット氏は「ラッシュフォードがボールをパスした時、とあるファンが『ヘイ、モンキー』と叫んだのがはっきり聞こえた」と報告している。

 試合終了後、FA(イングランドサッカー協会)は「我々はUEFA(欧州サッカー連盟)にこれを緊急の問題として調査するように求めている」と声明を発表した。

 なお、被害を受けたラッシュフォードは試合後に自身のツイッターを更新。「プレーするのに簡単な状況ではなかった。2019年に起こってはいけない状況だった。3ポイントを獲得したことを誇りに思っているが、差別は根絶する必要がある」と、投稿している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング