2019.10.15

ウィリアン、元同僚のランパード監督を称賛「違和感を覚えるけど」

ウィリアン
ウィリアン(左)とランパード監督(右)は共にプレーしていた [写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンは指揮官を務めるフランク・ランパード監督を称賛した。14日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。


 ウィリアンは2013年にチェルシーに加入し、1シーズンだけランパード監督とともにプレーした経験がある。同選手は当時からランパード監督が監督業へと進むことを予測していたようだ。

 ウィリアンは次のように語った。

「ランパード監督はとても賢い選手で、トップクラスのMFだ。彼のような選手は将来的に監督になってもおかしくないと思っていたし、気づけばチェルシーを率いる素晴らしい監督になっている」

「彼が監督として活動しているのを見ると少し違和感があるけど、また共に働くことができてとても嬉しいよ。ランパード監督は僕に自信を与えてくれたし、過去数試合に及んでの好パフォーマンスは彼のおかげだよ」

「ランパード監督はとても自由なサッカーをさせてくれる。ピッチ上でもずっと右サイドに張っていないといけないわけじゃないし、フィールドを好きなように動き回れる。彼のスタイルにとても助けられているよ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング