2019.09.21

ランパード監督、マウントとカンテの負傷に言及「リスクを冒さない」

マウントとカンテについて言及したランパード監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、イングランド代表MFメイソン・マウントとフランス代表MFエンゴロ・カンテについて言及した。チェルシー公式サイトが20日に伝えている。


 チェルシーは17日にチャンピオンズリーグでバレンシアと対戦。マウントはこの試合に先発出場したものの、足首を踏まれたことで負傷し、途中交代を強いられた。同選手は今シーズン、ランパード監督からの信頼を勝ち取り、プレミアリーグで5試合に出場し3ゴールを記録。ランパード監督はマウントの負傷について次のようにコメントを残した。

「我々は危険なタックルをこの目で見た。彼のケガが深刻でないことを願うばかりだよ。我々は彼の回復に努めているところだ」

「だいぶ大きな腫れがあったよ。とても良い状態とは言えない。足首のケガは私も経験したことがある。重度でなければ安静にしていれば大丈夫だ。しかし、腫れがひどい時にはその部分を固定しないければならなくなる」

「リスクを冒そうとは思わない。大局を見失ってしまうからだ。でも自分たちはベストを尽くすよ」

 また、足首の負傷により離脱しているカンテについては「良くなっている」とコメント。次のように続けた。

「我々は彼がチームにおいて重要な存在だと感じている。昨シーズンの終わりごろから彼は長い期間離脱していた。エンゴロがイスタンブールでプレーしたことはミラクルだ。トレーニングなしでいきなり試合で体を動かしたからね。マウントと同様に、我々はエンゴロをフォローしていかなければならない」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング