2019.08.21

ベルギー代表FWが2部で猛アピール! 今季こそチェルシーでの活躍を誓う

プレミアリーグ2でプレーするバチュアイ(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するベルギー代表FWミシー・バチュアイは、今季フランク・ランパード新監督の力になりたいと考えているようだ。20日にイギリスメディア『Sports MOLE』が報じた。

 バチュアイは19日、プレミアリーグの下部組織が所属するプレミアリーグ2で、リヴァプールを相手に2得点を挙げる活躍を見せた。

 現在チェルシーのトップチームにはオリヴィエ・ジルーとタミー・アブラハムという2人のストライカーがいるが、アピールを続けているバチュアイが移籍を希望する可能性は低いのではないかと見られている。

 とはいえ、ヨーロッパの移籍市場は9月2日まで開いているため、状況が変わることは十分に考えられる。

 バチュアイは2016年からチェルシーに所属しながら、これまで“ブルーズ”の一員としてプレーしていたのはわずか1年半あまりだ。ドルトムント、バレンシア、クリスタル・パレスへの期限付き移籍を経験し現在に至っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング