2019.07.26

来日中のマンCギュンドアンらが横浜FM戦に意気込み…日本の食事にも言及「白米が好き」

イベントに出席した(左端)ブラボ、(右から二番目)ギュンドアン、(右端)ラポルテ
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン、フランス代表DFアイメリク・ラポルテ、元チリ代表GKクラウディオ・ブラボが26日、アクロニス・ジャパンの開催するイベントに登場した。

 アクロニスは、WindowsやMacintosh、仮想マシンなどのデータバックアップ・障害復旧・システムやソフトウェアの開発・販売を手がける多国籍企業。アクロニス・ジャパンは、その日本法人である。

 マンチェスター・Cをを傘下に持つシティ・フットボール・グループは、2018年11月にアクロニスとのパートナーシップを締結。シティ・フットボール・グループの最高技術責任者であるグレッグ・スウィマーは、同イベントで上映されたビデオの中で「ピッチで起こっていることを分析する場合でも、世界中の様々なオフィスのいずれかで作業する場合でも、私たちの成功にとってデータが不可欠です。データおよびストレージのバックアップの世界的リーダーとして、パートナーであるアクロニスに頼っています」と述べた。

 イベントの後半にはギュンドアン、ラポルテ、ブラボの3選手が登壇。サッカーのデータに関するクイズなどのアクティビティーを行った。

 ギュンドアンは日本の文化について質問されると、「日本食は好きだよ。寿司が有名だということは知っているけど、魚の種類までは分からないんだ。僕は白米が好きでね。炊き立てのご飯はおいしいと感じるよ」とコメント。サッカー以外に好きなスポーツはあるかと問われると、「バスケやテニス」と答えた。

 また、27日に『日産スタジアム』で行われる横浜F・マリノス戦について尋ねられると、「スコアの予想は難しいね。親善試合という位置付けだけど、勝てるように努力していくよ。僕たちは、常に勝利を目指しているからね。プレミアリーグの開幕に向けて、良い準備をしたいと思っている」と語り、“真剣勝負”を約束した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング