FOLLOW US

ベイル獲得は興味なし? クロップ監督「彼は素晴らしい選手だが…」

リヴァプールを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルの獲得に関心を示していないようだ。24日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 1997年夏から2年間リヴァプールでプレーしていた元イングランド代表MFポール・インス氏は先日、現地ラジオ局の番組に出演し、「私の個人的見解では、リヴァプールに(財政的な)余裕があれば、ベイルはリヴァプールに行くべきだと思う」と古巣にベイル獲得を提案していた。

 クラブOBからベイル獲得の提案を受けたクロップ監督は「彼は素晴らしい選手で、彼のことはとても好き」とコメントしつつ、同選手の獲得については完全に否定した。

「彼はレアル・マドリードの選手で、もし退団するのであれば、とてつもない移籍金と巨大な賃金が必要となる。彼のことは好きだが、チームを作らなければならない。チームというのは最高の個人選手を集めたものではない。彼らは一緒にプレーしなければならない」

リヴァプールには長期計画がある。このチームは素晴らしい。もしかしたら、2人か3人獲得するかもしれない。全く動かないとは言っていないし、大きな移籍市場となるかもしれない。でも、みんなはすでにいる選手たちのことを考えてなさすぎだ」

 リヴァプールは今夏、ここまでズウォレ(オランダ)からU-19オランダ代表DFセップ・ファン・デン・ベルフを獲得したのみとなっているが、クロップ監督は新たな選手獲得に動く可能性があることを示唆している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA