2019.07.23

トッテナム指揮官がベイルの獲得報道に言及「考えるのは会長の仕事」

ベイルに触れたポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルについて言及した。

 ベイルは、レアル・マドリード退団が報じられており、古巣であるトッテナムが移籍先として報じられている。ポチェッティーノ監督は今回、移籍が噂されるベイルについてコメント。次のように語り、あくまで自身は監督だと強調した。

「メディアの報道は見たが、どのクラブがベイルと契約しようとしているかは知らない。現時点で私は会長から一切情報を得ていない。トッテナムなのか、ほかのクラブが獲得しようとしているのかはわからない。最高のチームを作り上げようとしている会長が考えるべきことだ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング