FOLLOW US

チェルシーの18歳DFがローン移籍へ…ライプツィヒのメディカル通過

ライプツィヒへのローン移籍が目前となっているアンパドゥ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥが、ライプツィヒへのローン移籍に近づいているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。

 アンパドゥは既にライプツィヒ入りしており、メディカルチェックを終えた模様だ。間も無く公式に同選手のローン移籍が発表される見通しだという。

 現在18歳のアンパドゥは2017年夏にエクセター・シティからチェルシーへ加入した。2017-18シーズンにはクラブ最年少出場記録(17歳6日)を更新し、2017年11月にはウェールズ代表デビューも飾っていた。昨シーズンのプレミアリーグでは出場機会を得られなかったが、ヨーロッパリーグで3試合、FAカップでは2試合に出場した。

 同メディアによると、チェルシーを率いるフランク・ランパード監督がアンパドゥにトップチームでの経験を積ませるためにローンでの移籍を提案していたという。同選手はチェルシーの来日メンバーからも外れていた。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA