2019.06.24

MFグバミンをプレミア勢が争奪戦か…リヴァプールとトッテナムらが関心

ジャン・フィリップ・グバミン
プレミア勢が関心を示すグバミン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マインツに所属するコートジボワール代表MFジャン・フィリップ・グバミンに、リヴァプールら複数クラブが関心を示しているようだ。フランスメディア『fussball transfers』の報道を引用し、イギリス誌『FourFourTwo』が23日に伝えている。

 グバミンは1995年生まれの23歳。ランスの下部組織出身で、2016年夏にマインツに加入した。中盤が本職ながらセンターバックでもプレーできる同選手は、今シーズンリーグ戦31試合に出場し、2得点1アシストを記録。また、世代別の代表ではフランス代表に選出されていたが、A代表は出身地であるコートジボワールを選択し、2017年6月にデビューを果たしている。

 報道によると、今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の対戦カードとなったリヴァプールトッテナムの他にも、エヴァートンなどがグバミンの獲得に向けて強い興味を示しているという。選手本人も今夏の移籍を望んでいることから、プレミアリーグ勢による争奪戦となりそうだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング