2019.06.12

ラキティッチ、マンUからオファー受けるも…バルサ残留を巡り交渉か

ラキティッチ
マンチェスター・Uはラキティッチの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは残留を巡り、クラブ側と交渉を開始するようだ。12日にスペイン紙『スポルト』が報じている。

 ラキティッチは昨夏の移籍市場でもパリ・サンジェルマンに加入するとの噂が浮上。バルセロナ側も売却に前向きだったが、同選手が残留を強く望んだことから交渉は破談に終わった。

 今夏の移籍市場でも、マンチェスター・Uが同選手の獲得を希望しているという。しかし、ラキティッチは再びバルセロナに残留することを望んでおり、クラブ側と交渉を開始するようだ。

 同選手は昨夏から残留を望んでおり、クラブの重要選手でもあることから契約の延長を要求。昇級の他にも、より待遇の良いオファーを望んでいたようだが、バルセロナがその条件を拒否したという。

 今夏の移籍市場でも、バルセロナはラキティッチに対して適切な移籍金が支払われるのであれば、売却を承諾するようだ。しかし、同選手が頑なに残留を希望していることから交渉は一筋縄では進まないことが予想される。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング