2019.05.16

チェルシー、EL優勝を果たしてもサッリ監督を解任か…母国復帰が濃厚

サッリ
チェルシーはサッリ監督を解任するようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーは今シーズン限りでマウリツィオ・サッリ監督を解任するようだ。16日にイギリス紙『エクスプレス』が報じている。



 同監督は以前から解任報道が浮上してたが今シーズン、トップ4入りを果たしたことから来シーズンもチェルシーに残留することが濃厚と伝えられていた。しかし、クラブのオーナーを務めるロマン・アブラモヴィッチ氏は、未だなおサッリ監督の解任を検討しているようだ。

 同紙によると、サッリ監督はチェルシーをヨーロッパリーグ優勝に導いたとしても解任されてしまうという。同監督はチェルシー残留を望んでいるも、アブラモヴィッチ氏との意見が合わなかった場合、必然的に解任を免れることはないとのことだ。

 その場合、サッリ監督はローマミランで母国復帰を果たすという。両クラブは同監督の招へいを前向きに検討しており、サッリ監督自身もチェルシーに残留することができないのであれば、再びセリエAで指揮を執ること希望しているようだ。果たしてサッリ監督はわずか1シーズンでプレミアリーグを離れることになるのであろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る