2019.05.16

マンU監督スールシャールが大改革を示唆?「スカッドの半分を売る」強硬策も

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、大規模な改革に着手する可能性があるようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズンのプレミアリーグを6位で終えたマンチェスター・Uの指揮官オーレ・グンナー・スールシャールは、今夏の移籍市場で大改革に打って出るかもしれない。イギリスメディア「Sports Mole」が報じている。



 リーグ最終節のカーディフ・シティ戦に0-2で敗れた後、スールシャール監督は選手たちを「不名誉」と称し、怒りをあらわにした。さらに、チームに在籍する選手の半分を移籍させると発言したとも伝えられている。

 スールシャールは2018年末、監督を解任されたジョゼ・モウリーニョ氏に代わってマンチェスター・Uの暫定監督に就任した。今年3月には3年契約を締結して、正式に同クラブの監督に就任している。だが、最終的にチームはプレミアリーグを6位でフィニッシュし、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権も逃した。フランス代表MFポール・ポグバをはじめとする一部主力選手の姿勢も問題視されるなど、“赤い悪魔”は混迷の時を迎えている。

 今年の夏は、指揮官のリクエストによって多くの選手たちがクラブを去ることになるかもしれない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る