2019.05.14

シーズン終盤の3試合を欠場した吉田麻也…その意外な理由とは?

吉田麻也が、シーズン終盤の欠場理由を明かした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、自身のツイッターでシーズン終盤の3試合を欠場した理由を明かした。



 今シーズンはスタメンを外れることも多かった吉田。一時は降格圏に沈んだチームと共に、苦しい時期を過ごしてきた。だが、チームが監督交代を経て浮上のきっかけをつかむと、吉田の出番も徐々に増えた。シーズン最終盤まで残留が確定しないスリリングな状況のなか、リーダーとして守備陣を牽引した。

 しかし、第31節、アウェイでのワトフォード戦で先発フル出場を果たしたのを最後に、吉田の姿はピッチから消えていた。その理由について吉田は14日、自身のツイッターで「今シーズンは終盤になんとか盛り返したと思ったら最後の最後に肺炎にかかってしまいました。もう身体は回復してますが来シーズンにむけてまずはしっかりコンディションを整えたいと思います!ご心配おかけしました」と報告。次なる戦いのために英気を養っていることを明かした。

 突然の欠場に不安を覚えたファンも多かったはずだが、吉田自身の説明で様々な憶測に終止符が打たれることになった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る