2019.05.13

チェルシー、コウチーニョ獲得を希望…移籍禁止処分の軽減を申し出

コウチーニョ
チェルシーはコウチーニョ獲得に動いている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーバルセロナブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを獲得するために、移籍禁止処分の軽減を再度申し出るようだ。13日にイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 同クラブは今月8日に、今後2度の移籍市場における補強禁止処分が下った。これによりチェルシーは移籍を行うことができなくなってしまったため、退団が濃厚とされているエース格のベルギー代表MFエデン・アザールの後釜を獲得できないことが予想される。

 しかし、チェルシーはFIFAの決定をスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴し、処分の軽減を再度申し出るようだ。処分が軽減された場合、同クラブはアザールの後釜としてコウチーニョの獲得に動くという。

 一方のバルセロナもコウチーニョの売却に前向きだと同紙は報じている。現時点で同選手の獲得を希望しているのはチェルシーのみで、他クラブから移籍を巡って交渉を持ちかけられることはないとのことだ。今夏の移籍市場で果たしてチェルシーは補強を行うことができるのであろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング