2019.04.24

今季最大の大一番…“マンチェスター・ダービー”について知っておきたい7つのこと

マンチェスター・U、マンチェスター・C
“マンチェスター・ダービー”が24日に開催される [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 いよいよ“今季最大”と言っても過言ではない大一番がやってきた。24日に行われるプレミアリーグでは、伝統の“マンチェスター・ダービー”が開催。ホームのマンチェスター・Uは勝ち点「64」の6位、アウェイのマンチェスター・Cは勝ち点「86」の2位と、順位表のうえでは直接のライバルに当らないが、前者はトップ4、後者は優勝とそれぞれの目標達成のためには是が非でも3ポイントが欲しいゲームとなる。



 この試合の結果次第では、今シーズンの行方が決まりかねないため、ライバルクラブにとっても注目の一戦。果たして、どんな結末を迎えるのか。今回は知っておきたい7つの情報を紹介する。

写真=Getty Images

■177回目のダービー

マンチェスター・C

前回対戦はマンチェスター・Cが勝利

 “マンチェスター・ダービー”は今回で177回目の開催となる。対戦成績は、マンチェスター・Uの72勝、マンチェスター・Cの52勝、そしてドローが52試合。マンチェスター・Uが大きく勝ち越しているが、直近9試合に限れば、マンチェスター・Uが4勝、マンチェスター・Cが3勝、そして2つの引き分けとほぼ互角となっている。昨年11月に行われた前回対戦では、マンチェスター・Cがホームで3-1と完勝。中でもイルカイ・ギュンドアンが決めた3点目は、連続して44本のパスがつながった末に生まれたゴールとして世界中で話題となった。

■39日遅れの“本番”

 今回の“マンチェスター・ダービー”は当初、3月16日に開催されるはずだった。しかし、両クラブともにFAカップ準々決勝に勝ち進んだため延期に。結局、39日遅れで“本番”を迎えることとなった。試合開催のタイミングとしては申し分ないだろう。リヴァプールとの優勝争いに身を置くマンチェスター・Cは今回の一戦に勝てば自力優勝の可能性を残すが、引き分け以下だと他力本願の状況となってしまう。トップ4争いを続けるマンチェスター・Uもまた然り。1ポイントでは不十分であり、求めるのは勝利のみという極限の戦いになる。

■対照的な現状

マンチェスター・U、マンチェスター・C

 両クラブは先週行われたチャンピンズリーグ(CL)でベスト8敗退が決定。だが、その直後に行われたプレミアリーグは対照的な結果に終わった。マンチェスター・Cは、CLベスト4進出を許したトッテナムを相手に1-0と勝利。ホームでリベンジを果たし、プレミアリーグ10連勝を達成した。対するマンチェスター・Uは、エヴァートンの敵地に乗り込むと0-4で完敗。試合後、オーレ・グンナー・スールシャール監督がファンに謝罪するほど低調なパフォーマンスを見せた。公式戦最近8試合で2勝(6敗)と新体制発足直後の勢いに陰りが見えており、ホームのダービーマッチは極めて重要な一戦となる。

■“夢の劇場”を得意とするマンC

オールド・トラッフォード

オールド・トラッフォード

 今回のダービーの舞台は、マンチェスター・Uの本拠地オールド・トラッフォード。アウェイチームにとってはこの上なくやりにくいスタジアムだが、マンチェスター・Cに関してはそうでもない。同地でのプレミアリーグは、最近7試合で5勝(1分け1敗)をマーク。それ以前の14試合はわずか1勝と“夢の劇場”を大の苦手としていたが、近年はむしろ好相性を誇る。なお、マンチェスター・Cは2011-12、2013-14、2017-18と過去3度のプレミアリーグ制覇を成し遂げているが、いずれのシーズンもオールド・トラッフォードで白星を収めている。彼らにとっては“縁起の良いスタジアム”であり、連覇達成のために全力で勝利を狙うはずだ。

■“真のダービー男”の誕生か

セルヒオ・アグエロ

 マンチェスター・Cにとっては優勝がかかった大一番だが、セルヒオ・アグエロにとっては自身の得点記録がかかった一戦でもある。同選手は昨年11月の前回対戦で、プレミアリーグでの“マンチェスター・ダービー”通算8点目となるゴールを決めた。これは、元イングランド代表FWウェイン・ルーニーに並ぶプレミアタイ記録。あと1ゴールで、“真のダービー男”となる。なお、通算8ゴールのうち4ゴールはオールド・トラッフォードで決めたもの。プレミアリーグ創設以降、マンチェスター・U以外の選手で、アグエロ以上に“夢の劇場”でゴールを決めたのは元リヴァプールMFスティーブン・ジェラード氏(5得点)しか存在せず、偉大なレジェンドに肩を並べられるのかどうかも注目される。

■予想スタメンは?

 マンチェスターの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』は今回の試合を迎えるにあたって、予想スタメンを発表。マンチェスター・Uは、出場停止処分を消化したDFルーク・ショーが今節から復帰。左サイドバックのポジションに入ると見られる。一方、前節エヴァートン戦で負傷したフィル・ジョーンズはメンバー外となった模様。クリス・スモーリングヴィクトル・リンデロフがセンターバックコンビを組むと見られる。

マンチェスター・Uの予想スタメン>

▼GK
ダビド・デ・ヘア
▼DF
アシュリー・ヤングクリス・スモーリングヴィクトル・リンデロフルーク・ショー
▼MF
フレッジポール・ポグバスコット・マクトミネイ
▼FW
マーカス・ラッシュフォードロメル・ルカクジェシー・リンガード

 マンチェスター・Cは、前節のトッテナム戦で負傷交代を余儀なくされたケヴィン・デ・ブライネの欠場が決定。また同試合でプレミアリーグ初得点を決めたフィル・フォーデンも先発を外れると予想されている。中盤を形成するのは、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、ダビド・シルバの3選手。そして最前線は、ベルナルド・シルヴァラヒーム・スターリングセルヒオ・アグエロの3トップになる見込みだという。

マンチェスター・Cの予想スタメン>

▼GK
エデルソン
▼DF
カイル・ウォーカーヴァンサン・コンパニアイメリク・ラポルテオレクサンドル・ジンチェンコ
▼MF
フェルナンジーニョイルカイ・ギュンドアンダビド・シルバ
▼FW
ベルナルド・シルヴァラヒーム・スターリングセルヒオ・アグエロ

■予想オッズは?

 イギリスの大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』は、この試合の勝敗予想オッズを発表。日本時間24日18時時点で、マンチェスター・Uの勝利に「7倍」、マンチェスター・Cの勝利に「1.44倍」、そしてドロー決着には「4.6倍」のオッズがついている。直近の成績やチーム力を比べたときには、やはりアウェイチームの優位は揺るがないようだ。ただし、マンチェスター・Uはプレミアリーグで“前年度王者”をホームに迎えた場合、最近13試合で1敗(9勝3分け)しか喫していない。伝統あるクラブとしてのプライドなのだろう。では、唯一敗れた相手はどこか? 実はマンチェスター・Cであり、2013年4月8日に行われたダービーで1-2と敗れた。今回も6年前の再現となるのか、あるいはマンチェスター・Uが意地を見せるのか。いずれにせよ、白熱した好ゲームになること請け合いだ。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
86pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る