2019.04.24

クラッテンバーグ氏がマンU監督を擁護「マンCは戦術的にファウルする」

マーク・クラッテンバーグ氏
2015年のマンチェスター・ダービーを担当したクラッテンバーグ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 かつてプレミアリーグで活躍した名物レフェリーのマーク・クラッテンバーグ氏が、波紋を呼んでいるマンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督の発言についての自身の見解を述べた。23日にイギリス紙『デイリーメール』が伝えた。



 マンチェスター・Cとのダービーマッチを目前に控えたスールシャール監督は、「(選手たちに)彼らは君たちの足首やかかとに襲いかかってくるだろう、と警告した。私たちに簡単にはカウンターアタックをさせないだろうが、その場面でファウルをすることに疑いの余地はない。彼らは多くの選手に攻撃参加させるので、より高い位置でこっちの攻撃を止めようとするはずだ」と発言し、相手の守備方法について牽制した。

 これに対してマンチェスター・Cのペップ・グアルディオラ監督は、「彼はそんなことを言ったのかい?65〜70%のボール保持率の中で、どうすれば我々にそんなマネができるんだ?」と反論した。

 だが、クラッテンバーグ氏はスールシャール監督の意見を支持。「彼はシティがポゼッションを失ったときにプレイを中断するために戦術的にファウルを用いると言ったが、それは正しい。ボールを失ったときに彼らは(ディフェンスライン裏の)広大なスペースが危険に晒される。特に、(マンチェスター・Cのブラジル代表MF)フェルナンジーニョはそれらのファウルの主犯だ。だがそれはすべてのチームに当てはまることで、ユナイテッドの場合も(セルビア代表MF)ネマニャ・マティッチが可能な限りの手段で相手の攻撃を中断する」

 さらにレフェリーとしての目線からも今回の舌戦に触れた同氏は、「レフェリーとして言わせてもらえば、(主審予定のアンドレ・マリナーは)試合前のコメントを一切無視するだろう。それらは試合をどのようにコントロールするかには一切関係ない。マンチェスター・ダービーは、リヴァプールとユナイテッドの一戦に比べたら、試合を裁くのは簡単だと思う」とレフェリーの中立性の重要さを強調した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る