2019.04.19

ラッシュフォード、契約延長交渉が停滞か…バルセロナも獲得に興味

マーカス・ラッシュフォード
マンチェスター・Uでプレーするラッシュフォード [写真]=Getty Imgea
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するマーカス・ラッシュフォードはクラブとの契約延長を躊躇しているようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が18日に伝えている。



 ラッシュフォードの現行契約は来シーズン末の2020年6月で満了するが、クラブ側は1年間延長可能なオプションを保持している。しかし、チャンピオンズリーグで敗退し、オーレ・グンナー・スールシャール監督が正式就任して以降はチーム状態も失速気味のため、順調だった延長交渉が停滞しているという。

 契約延長に関してラッシュフォード側は週給20万ポンド(約2909万円)を要求し、またFWの中心的存在という役割を保証するように求めているようだ。さらにバルセロナからの関心も噂されているため、より状況を整理していきたい考えだという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る