2019.04.19

トッテナム指揮官、今夏に数名の放出と200億円超の補強を希望か

マウリシオ・ポチェッティーノ
トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、今夏の選手獲得に1億5000万ポンド(約217億円)を費やすことを考えている模様だ。19日にイギリス紙『デイリーメール』が伝えた。



 チャンピオンズリーグ準々決勝で死闘の末にマンチェスター・Cを下し、クラブ史上初となる準決勝へと進んだトッテナム。しかしポチェッティーノ監督はスカッドにいくつかの重要な変化をもたらすことを計画しているようだ。

 同指揮官には6000万ポンド(約87億円)の補強費が与えられる予定だが、何人かの選手の放出によって追加の予算を確保するつもりだという。その候補に上がっているのは、移籍の噂が絶えないデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンとベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトに加え、来シーズンのプランには含まれていないとされるイングランド代表DFキーラン・トリッピアー、同DFダニー・ローズ、ケニア代表MFヴィクター・ワニアマ、マルセイユにレンタル移籍中のフランス人MFジョルジュ・ケヴィン・エンクドゥの6名だという。

 そして補強ポイントには、「新たな左サイドバック」、「アルデルヴァイレルトの代役となるセンターバック」、「2人のセントラルMF」、「より創造性のある二列目MF」、「ハリー・ケインの控えFW」、「今夏で契約満了の元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテの代わりとなる長身のターゲットマン」の6点を考えている模様だ。

 ポチェッティーノ監督の就任から5年が経ち、若く経験の浅かったチームは、継続力を武器にクラブ史上初のビッグイヤー目前というところまで成長した。本格的に新スタジアムでの1年目を迎える来シーズンに向けて、お馴染みのスカッドにも大きな変化が現れるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る