2019.03.23

EURO出場のために…35歳リヒトシュタイナー、アーセナル退団の可能性示唆

リヒトシュタイナー
今季のプレミアリーグでは12試合に出場しているリヒトシュタイナー [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーが、今シーズン限りで同クラブを退団する可能性があるようだ。スイス紙『Neue Zurcher Zeitung』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が22日に報じている。



 リヒトシュタイナーは昨シーズン終了後、フリートランスファーでユヴェントスからアーセナルへ加入。イングランド初挑戦となった今シーズン、公式戦21試合に出場している(プレミアリーグでは第30節終了時点で12試合出場/先発は8試合)。

 アーセナルとの契約期間は1年とのことだが、来シーズン以降に向けた契約延長交渉はすでに始まっているという。しかしリヒトシュタイナーは、レギュラーとしてプレーできるクラブへの移籍を視野に入れているという。現在35歳の同選手はEURO2020出場を望んでおり、クラブでコンスタントにピッチに立つ必要性を感じているようだ。

 リヒトシュタイナーは「時間が必要だ。トップのクラブで、35歳にしてプレーできているという事実は素晴らしい。話し合いは行われているよ。(自分とクラブの)双方にとって何がいいのかを見てみよう」とコメント。「アーセナルはビッグクラブで、本当に幸せだ。ただ、レギュラーとしてプレーしたいと思っているんだ。EUROがあるからね。今シーズンはOKだけど、監督が自分を(代表チームの戦力として)カウントしないということになれば、心配しなければならない」と話している。

 リヒトシュタイナーは1984年生まれの35歳。母国のグラスホッパーでプロキャリアを始め、リールとラツィオを経て2011年からユヴェントスでプレーしていた。2017-18シーズンはセリエAで27試合に出場。昨年夏にアーセナルへ加入した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る