2019.03.15

スコールズ氏が英4部オールダムの監督を辞任…就任からわずか31日

スコールズ
スコールズ氏が英4部クラブの監督を辞任 [写真]=MI News/NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーグ2(イングランド4部相当)に所属するオールダム・アスレティックは14日、ポール・スコールズ監督の辞任を発表した。同監督は先月11日に就任したばかりだった。

 在任わずか31日の“スピード辞任”となった。スコールズ氏は辞任に際して「残念ながら、意図していたように指揮できないということが明らかになった」「私が生涯応援してきたクラブの監督として、せめて当初の18カ月の契約を満了することを望んでいた」などと述べている。

 一方、オールダムのアブドラ・レムサガム会長は今回の辞任が突如決まったものだと明かした。同会長はイギリスメディア『スカイスポーツ』に対して「ポールの決断に失望しているし、理由に驚いている」とコメント。さらに「彼は話し合う機会を全くくれなかった。テキストで辞任を告げただけで、話すことを拒んだんだ」と話しており、困惑している様子だ。

 スコールズ氏は就任初戦を白星で飾ったが、その後勢いは続かず。以降の6試合は3分け3敗と苦しんでいた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る