2019.03.12

「私は今や年金受給者」…ファン・ハール氏、サッカー界からの引退を発表

ルイス・ファン・ハール
サッカー界引退を発表したファン・ハール氏(写真は2016年のもの) [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ルイ・ファン・ハール氏が、サッカー界からの引退を宣言した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に伝えている。

 現在67歳のファン・ハール氏は現役時代、アヤックスなどオランダ国内の複数クラブでプレー。1991年にアヤックスで指導者キャリアを始めると、1994年からリーグ3連覇を達成した。1994-95シーズンにはチャンピオンズリーグを制覇した。

 その後はバルセロナバイエルンを指揮し、両チームでリーグ優勝など複数のタイトルを獲得。母国オランダの代表監督にも2度就任し、2014年のブラジル・ワールドカップではチームを3位に導いた。2014年夏からマンチェスター・Uの監督を務めていたが、2016年に解任された。

 ファン・ハール氏はオランダのテレビ番組に出演し、サッカー界からの引退を発表。妻への感謝を明かした。

「私は今や年金受給者だ。テクニカルディレクターやテレビの解説者になる意欲はないよ」

「妻は22年前、私のために仕事を辞めた。そして、海外にも付いてきてくれた。彼女には私が55歳の時に監督業を引退すると伝えたが、65歳まで続けてしまった。彼女には私と共にサッカーと関係ない生活を送る権利がある。彼女はとても幸せだよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る