2019.03.10

1ポイント差で激突…アーセナル対マンUについて知っておきたい7つのこと

アーセナル、マンチェスター・U
アーセナルとマンチェスター・Uが激突 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 10日に行われるプレミアリーグ第30節では、アーセナルマンチェスター・Uによるビッグマッチが開催される。アーセナルは前節を終えて、勝ち点57の5位。対するマンチェスター・Uは勝ち点58の4位。順位も勝ち点も、その差はわずかに1つだ。来季のチャンピオンズリーグ出場権がかかった大一番を制するのは、果たしてどちらのチームか。注目の一戦について、今回は知っておきたい7つの情報を紹介する。

■対戦成績はマンUが圧倒

両チームはプレミアリーグで過去53回にわたって対戦。アーセナルが13勝、マンチェスター・Uが24勝、そして16分けと、マンチェスター・Uが圧倒している。直近の15試合に限っても、マンチェスター・Uの8勝5分け2敗という成績だ。アーセナルにとって、マンチェスター・Uはプレミアリーグで過去最大の敗戦を喫した相手でもあり、2011年8月に2-8で敗れている。

■フランスで明暗分かれた両チーム

アーセナル、マンチェスター・U

[写真]=Getty Images

両チームは共に“フランス帰り”。マンチェスター・Uは6日のチャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンに3-1で勝利し、大逆転でベスト8進出を決めた。一方、アーセナルは翌日に行われたヨーロッパリーグでレンヌと対戦。開始3分に先制したものの、退場者を出したこともあって1-3の逆転負けを喫した。明暗分かれた両者は、試合間隔のうえでもマンチェスター・Uに一日分のアドバンテージがある。これが今回の一戦に与える影響は小さくないだろう。

■記録がかかる両指揮官

ウナイ・エメリ、オーレ・グンナー・スールシャール

(左)エメリ監督と(右)スールシャール監督 [写真]=Getty Images

両チームが対戦するのは今季3度目のこと。昨年12月5日に行われたプレミアリーグ第15節で2-2のドローに終わったあと、今年1月にFAカップ4回戦で再戦。マンチェスター・Uが敵地で3-1の勝利を挙げた。もしこの試合でもマンチェスター・Uが勝利を挙げれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督は就任以降、アーセナルとのアウェイゲーム2連勝を挙げることになり、これはクラブ史上初の快挙となる。一方、アーセナルが引き分け以上の結果を収めた場合、ウナイ・エメリ監督はトップリーグでのマンチェスター・U戦で最初の2試合に負けなかった指揮官となり、1958-59シーズンのジョージ・スウィンディン監督以来の偉業を達成する。

■ホームで好調のアーセナル/敵地で連勝中のマンU

アーセナルは今季のプレミアリーグ、ホームで勝ち点38を獲得。これはマンチェスター・C(勝ち点42)に次いで2番目に多い。本拠地では8連勝中と絶好調で、最後に敗れたのは今季開幕戦のマンチェスター・C戦(0-2)までさかのぼる。もっとも今回、迎え撃つのはアウェイでの公式戦9連勝中のマンチェスター・U。9連勝のうちの“1勝”が、アーセナルを撃破したFAカップでの試合であり、ライバルから再び白星を挙げるのか、あるいはアーセナルがリベンジを果たすのか。いずれにしても、白熱した好ゲームが期待できそうだ。

■絶好調の両9番

ラカゼット、ルカク

(左)ラカゼットと(右)ルカク [写真]=Getty Images

両チームをけん引するのは、背番号9をつけるストライカーたちだ。マンチェスター・Uロメル・ルカクは、公式戦ここ3試合連続で2ゴールをマーク。それ以前は公式戦9試合連続ノーゴールだったというのが嘘であるかのように得点を量産している。対するアーセナルの“9番”、アレクサンドル・ラカゼットは、ホームでのプレミア5試合連続ゴール中。もしこの試合でも得点を挙げれば、ホーム6戦連発となり、元フランス代表FWティエリ・アンリに次ぐクラブ史上2人目の快挙を達成する。なお、同選手は今季プレミアで9つの決勝ゴールを記録。リヴァプールのモハメド・サラーを抑えてリーグトップに立っている。“決勝点率”は驚異の75%を叩きだしており、この試合でも主役の座を奪うことができるのか要注目だ。

■得点(失点)直後に要注意

アーセナル、マンチェスター・U

昨年12月に行われたプレミアの試合は2-2のドロー [写真]=Getty Images

「得点(失点)直後は危険な時間帯」。サッカーの世界ではよく言われることだが、両チームの対戦にも当てはまる。昨年12月に行われたプレミアの試合では、シュコドラン・ムスタフィが26分に先制点を決めてアーセナルがリードを奪ったものの、そのわずか74秒後、試合再開からは13秒後にアントニー・マルシャルが同点弾を奪ってマンチェスター・Uが試合を振り出しに戻した。また今年1月のFAカップでは、31分にアレクシス・サンチェスが先制点を決めると、その149秒後にジェシー・リンガードが追加点をマーク。マンチェスター・Uがあっという間にリードを広げてみせた。1つゴールが決まったからといって、雑用に手を出したりしていると大事なシーンを見逃す可能性が高いので、視聴者も注意が必要だ。

■予想オッズ

イギリスの大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』は、この試合の勝敗予想オッズを発表。日本時間8日17時時点で、アーセナルの勝利に「2.3倍」、マンチェスター・Uの勝利に「3倍」、そしてドロー決着に「3.5倍」のオッズがついている。過去の対戦成績や現在の勢いを考慮すると、マンチェスター・Uが優勢のようにも思われるが、やはりホームアドバンテージは大きいということだろうか。なお、アーセナルはプレミアでのマンチェスター・U戦で過去13勝を記録。そのうち9勝は日曜日のゲームで挙げている。今回は“サンデーマッチ”となるだけに、彼らにとって心強いデータとなるはずだ。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る