2019.03.04

リヴァプール、引き続きヴェルナーの動向を注視…今夏の獲得なるか

ヴェルナー
ライプツィヒからの移籍が噂されるヴェルナー [写真]=TF-Images/TF-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールが、ライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの動向を引き続き注視しているようだ。地元紙『リヴァプール・エコー』が3月3日付で報じている。



 同紙によると、リヴァプールがこれまでも関心が伝えられてきたヴェルナーについて引き続き調査しているという。同選手とライプツィヒの契約は、2020年6月まで。ライプツィヒのラルフ・ランゲニック監督は先日、金額次第で今夏の移籍を容認する可能性を示唆していた。バイエルンとの個人合意も一部で報じられていたが、同監督はクラブ間で何の合意も存在していないことを強調。これを受け、同紙は「リヴァプールへ扉は開かれている」と記した。

 現在22歳のヴェルナーは、2016-17シーズンからライプツィヒでプレーしている。加入初年度はブンデスリーガで31試合出場21ゴールをマーク。昨シーズンは32試合の出場で13ゴールを挙げ、2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦うドイツ代表メンバーにも選出された。今シーズンは第24節終了時点で21試合に出場し、11ゴールを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る