2019.02.24

今夜激突! マンU対リヴァプールについて知っておきたい7つのこと

マンチェスター・U、リヴァプール
マンチェスター・Uとリヴァプールが激突 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 24日に行われるプレミアリーグ第27節では、マンチェスター・Uリヴァプールによるビッグマッチが開催される。マンチェスター・Uは開幕26試合を終えて、勝ち点51の4位。対するリヴァプールは1試合消化の多い首位マンチェスター・Cと同じ勝ち点65を獲得している。実に14ポイントの差があるとはいえ、マンチェスター・Uはプレミアここ9試合負けなしと絶好調だ。強烈なライバル関係を持つ両チームの戦いについて、今回は知っておきたい7つの情報を紹介する。

■ビッグマッチ連戦

マンチェスター・Uにとっても、リヴァプールにとっても、ビッグマッチ連戦となる。マンチェスター・Uは12日にCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでパリ・サンジェルマンと対戦(0-2)した後、18日にはFAカップ5回戦でチェルシー(2-0)とも戦った。対するリヴァプールも、19日のCLでバイエルン戦(0-0)を消化したばかりだ。試合間隔はマンチェスター・Uの方が1日多いが、どちらが優位とも言えない。

■初対戦は「明治27年」

両チームが初めて対戦したのは、1894年4月28日。当時、日本は「明治27年」であり、日清戦争が始まった年になる。以来、125年の間に公式戦通算で201回対戦。通算成績は、マンチェスター・Uの80勝55分け66敗となっている。実はリヴァプールにとって、マンチェスター・Uは“天敵”であり、プレミアリーグで最も多くの敗戦を喫しているチームになる(28敗)。

■前回対戦はリヴァプールが圧倒したものの…

リヴァプール

前回対戦はリヴァプールが勝利 [写真]=Getty Images

昨年12月16日に行われた前回対戦では、ホームのリヴァプールが3-1で勝利。実に36本のシュートを放つなど、ライバルを圧倒して白星を挙げた。しかし、その後の成績はマンチェスター・Uが上回っている。前回対戦直後にジョゼ・モウリーニョ氏からオーレ・グンナー・スールシャール氏への監督交代を実施すると、プレミアリーグでは9試合連続負けなし(8勝1分け)。勝利を逃したのはわずかに1試合だけと“V字回復”を果たした。対するリヴァプールは6勝2分け1敗。全く悪くない成績だが、直近8試合の公式戦は3勝(3分け2敗)止まりと、勢いにやや陰りが見えている。プレミア初優勝へ向けては、ここが踏ん張りどころと言えそうだ。

■“プレミア新記録”がかかるスールシャール監督

スールシャール

マンチェスター・Uを率いるスールシャール監督 [写真]=Getty Images

文字どおり、マンチェスター・Uの“救世主”となったスールシャール監督。この試合ではプレミア新記録がかかっている。今回の一戦にも負ければ、プレミアの新人監督としてデビュー10試合の勝ち点記録を更新するのだ。現記録を保持するのは、元オランダ代表指揮官のフース・ヒディンク氏。2009年2月にチェルシーの監督に就任すると、プレミアデビューから10試合で勝ち点25を獲得した。なお、スールシャール監督は今月26日に46歳の誕生日を迎えるため、新記録達成となれば最高のバースデープレゼントとなるだろう。

■絶好調の両10番

ラッシュフォード、マネ

(左)ラッシュフォードと(右)マネ [写真]=Getty Images

前回対戦では明暗が分かれたものの、それ以前に行われたリーグ戦5試合のうち3試合はドロー。残り2試合はマンチェスター・Uが勝利を挙げたものの、いずれも1点差ゲームだった。近年は互いに譲らぬ好ゲームが展開されており、今回の戦いでも1つのゴールが勝敗を分ける可能性が高い。幸い、両チームともに攻撃陣は好調をキープしており、両10番が躍動中。リヴァプールサディオ・マネはプレミアここ4試合連続得点中で、マンチェスター・Uマーカス・ラッシュフォードも監督交代後は8試合で6ゴールを叩きだしている。その他、モハメド・サラーポール・ポグバなど“試合を決められる男”はたくさん控えており、誰がヒーローになったとしても不思議ではない。

■世界トップレベルのGK対決

デ・ヘア、アリソン

(左)デ・ヘアと(右)アリソン [写真]=Getty Images

華のあるアタッカーにスポットライトが当たりがちだが、この試合では世界最高峰の守護神、ダビド・デ・ヘアアリソンによるGK対決にも注目が集まる。デ・ヘアは昨季リーグ最多となる18試合で無失点を達成。選手協会が選出する年間ベストイレブンに過去4年連続で選ばれるなど「プレミアNo.1」に相応の実績を残してきた。しかし、今季ここまで最少失点(15)と最多無失点試合(14)の双方でトップに立つのはリヴァプールであり、チームで唯一の全試合フル出場を続けるアリソンの貢献度は絶大だ。スーパーゴールも楽しみの一つだが、スーパーセーブの応酬にも期待したい。

■予想オッズは?

イギリスの大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』は、この試合の勝敗予想オッズを発表。日本時間22日16時時点で、マンチェスター・Uの勝利に「3.0倍」、リヴァプールの勝利に「2.3倍」、そしてドロー決着に「2.3倍」のオッズがついている。プレミアで無敗街道を突き進むマンチェスター・Uだが、地力の差でリヴァプールが優勢と予想されている。もっとも、プレミアでホームにリヴァプールを迎えると、直近9試合で7勝(1分け1敗)をマーク。圧倒的な成績を残しており、今回も同じ結末となるのか。あるいは、データを覆す結果となるのか。試合終了のホイッスルが鳴るまで目が離せない。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る