2019.02.10

マンUが“ニュー・ベイル”の獲得狙う…若き逸材に移籍金71億円を準備

セセニョン
フルアムでプレーするセセニョン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uが、フルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョンの獲得を狙っているようだ。イギリス紙『エクスプレス』が9日付で報じている。

 現在18歳のセセニョンは左サイドを主戦場とし、レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルとプレースタイルが似ていることから、“ニュー・ベイル”とも称されている。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で46試合出場15ゴールをマークし、クラブのプレミアリーグ昇格に大きく貢献。今シーズンは初挑戦のプレミアリーグでここまで23試合出場2ゴールを記録している。

 同紙によれば、この逸材の獲得に向けてマンチェスター・Uは移籍金5000万ポンド(約71億円)を支払う意向だという。フルアムとセセニョンの契約は2020年6月までとなっているが、契約延長に向けた交渉が進んでいないことも、獲得を後押ししている模様だ。また、同選手は昨年11月のクラウディオ・ラニエリ監督就任以降プレー時間が減っており、これも移籍へ拍車をかけると見られる。

 果たして、セセニョンは名門へのステップアップを選択するだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング