2019.01.22

ひざ負傷のベジェリン、じん帯断裂で9カ月離脱か…今季中の復帰は絶望的

ベジェリン
チェルシー戦で右ひざを負傷したベジェリン [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するスペイン人DFエクトル・ベジェリンが、左ひざじん帯断裂の大ケガと診断されたようだ。イギリスメディア『BBC』が22日に報じている。

 ベジェリンは19日に行われたプレミアリーグ第23節チェルシー戦に先発出場したが、ひざを負傷。72分に交代を余儀なくされていた。試合後、ウナイ・エメリ監督は同選手の負傷状況を説明。アーセナルの公式HPによると、「彼のリアクションから考えて、おそらく負傷は深刻なものだろう」などとコメントしていた。

 そして今回の報道によると、ベジェリンは左ひざ前十字じん帯の断裂と診断された模様だ。6カ月から9カ月ほどの離脱を強いられる見通しで、今シーズン中の実戦復帰は絶望的となった。

 ベジェリンは1995年生まれの23歳。バルセロナの下部組織出身で、アーセナルの下部組織を経て2013年からトップチームでプレーしている。同クラブとは2022年6月までの契約を締結し、今シーズンはプレミアリーグ第23節終了時点で19試合に出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る