2019.01.21

絶好調のラッシュフォード、指揮官が称賛「キャリア最高のサッカー」

スールシャール
スールシャール監督はラッシュフォードを称賛した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督はイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを称賛した。

 20日に行われたプレミアリーグ第23節でマンチェスター・Uはブライトンを2-1で下した。決勝点は4試合連続でゴールを決めているラッシュフォードがマークし、MOMも受賞した。

 スールシャール監督は試合後の記者会見で「ラッシュフォードは、現在リーグで1番のセンターフォワードだと思うか?」との質問を受けると、次のように語った。

「ストライカーはたくさんいるが、ラッシュフォードが私のチームで良かった」

「(イングランド代表FW)ハリー・ケインが負傷中だからこそ、現在のベストなんだろうけど。テレビでも話したが、彼の稼働率と試合に臨む姿勢には誰も敵わない。ゴール前で自信を持っていて、迷うことなくゴールを狙ってシュートをしている」

「そして、今日の(イングランド代表MFジェシー・)リンガードは惜しかったが、彼のためにチャンスを作ったりする。ラッシュフォードは現在、キャリア中最高のサッカーをしている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る