2019.01.20

サラーがプレミア通算50得点に到達…トーレスに並ぶ史上4番目の速さ

サラー
プレミア通算50得点を達成したサラー [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、19日のプレミアリーグ第23節クリスタル・パレス戦でリーグ通算50得点を達成した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が同日付で伝えている。

 クリスタル・パレス戦に先発出場したサラーは、リヴァプールが1点ビハインドだった46分に同点ゴールを決めると、2-2で迎えた75分に勝ち越し点を挙げ、今シーズンのリーグ戦得点数を「16」とした。昨シーズンは32ゴールで得点王を獲得。チェルシー所属時の2点と合わせて、同選手はプレミアリーグ通算50得点を達成している。

 記録到達までに要した試合数は「72」。これは、かつてリヴァプールやチェルシーに在籍した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスに並ぶ史上4番目のスピード達成となった。なお、サラーを上回っているのは元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏の68試合、元イングランド代表FWアラン・シアラー氏の66試合、そして元イングランド代表FWアンディ・コール氏の65試合である。なお、プレミアリーグ通算50得点を成し遂げたアフリカ出身選手は、サラーが8人目となっている。

 節目の記録を迎えたサラーに対し、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は「ワールドクラスの選手だ」と称賛した。同監督はサラーがリヴァプールというチームにマッチしていることを強調している。

「彼をローマから連れてきて本当にうまくいっているよ。間違いなくウィンウィンな状況だった。彼はチームのプレースタイルから大いに恩恵を受けているね。そして、彼のゴールへの欲求と正しいポジションをとる力は本当に稀なスキルだ。だからこそ、みんなが彼のようなプレーヤーを探すのさ。本当に素晴らしい」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る