2018.12.10

バルサ、リチャーリソンに関心…スアレスの後釜候補として動向注視

リチャーリソン
バルセロナが関心を寄せるリチャーリソン [写真]=Everton FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナが、エヴァートンのブラジル代表FWリチャーリソンに関心を寄せているようだ。イギリス紙『デイリースター』が9日付で報じている。

 同紙によると、バルセロナは来年1月に32歳となるウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後釜を探しており、その候補としてリチャーリソンが浮上しているという。ただ、バルセロナはトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインをファーストチョイスとして考えており、リチャーリソン獲得は“次善策”である模様だ。もっとも、ケインの獲得には移籍金2億ポンド(約290億円)を要すると見られているため、コストを抑えられるリチャーリソンは魅力的な存在となっている。

 現在21歳のリチャーリソンは、昨夏にワトフォードへ加入し、欧州初挑戦を果たした。2017-18シーズンはプレミアリーグで38試合に出場し、5得点を記録。今夏にはエヴァートンへ完全移籍し、ここまでプレミアリーグ13試合7得点をマークしている。今年9月にはブラジル代表にも初招集された。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る