2018.11.30

下部組織出身の有望株たちの今 ~チェルシー編~

チェルシー
チェルシーの下部組織で育った選手たち [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 欧州トップクラブの下部組織で育ち、“期待のホープ”と称された選手たちの現況を紹介するシリーズ。第4回目は、FAユースカップ5連覇中で、19歳以下のクラブチームによって競われるUEFAユースリーグを2度も制覇、「イングランド最強のアカデミー」との呼び声も高いチェルシー編をお届けする。

*2013年以降にクラブの下部組織に在籍した選手を対象とした
*カッコ内は(生年月日/国籍/所属クラブ/ポジション)

写真=Getty Images

■ジャマル・ブラックマン

ジャマル・ブラックマン

(写真は今年2月のもの)

(1993年10月27日/イングランド/チェルシー/GK)
経歴:チェルシー→ミドルズブラ(レンタル)→エステルスンド(レンタル)→ウィコム・ワンダラーズ(レンタル)→シェフィールド・ユナイテッド(レンタル)→リーズ(レンタル)→チェルシー

各年代別のイングランド代表歴を持ち、2011-12シーズンには、FAユースカップでPKをセーブするなど優勝に貢献。2012年夏のアメリカツアーではトップチームに帯同した。しかし、公式戦での出番はなく、レンタル移籍を繰り返す日々が続いている。今季は2部リーズへ貸し出されたが、試合中にすねを骨折したため、レンタル契約が打ち切りとなった。

■アンドレアス・クリステンセン

アンドレアス・クリステンセン

(1996年4月10日/デンマーク/チェルシー/DF)
経歴:チェルシー→ボルシアMG(レンタル)→チェルシー

アーセナルやマンチェスター・Cも関心を寄せる中、2012年にチェルシー加入。2014年10月にトップチームデビューを飾った。ブレイクを果たしたのは昨季のこと。ボルシアMGでの2年間の武者修行を経てチェルシーに戻ると、ダヴィド・ルイスに代わって3バックの中央を任されることに。公式戦40試合に出場し、ロシアW杯でも全4試合でピッチに立った。しかし、マウリツィオ・サッリ新体制となった今季は出番が激減し、厳しい状況に立たされている。

■ネイサン・アケ

ネイサン・アケ

(1995年2月18日/オランダ/ボーンマス/DF)
経歴:チェルシー→レディング(レンタル)→ワトフォード(レンタル)→ボーンマス(レンタル)→チェルシー→ボーンマス

2011年にフェイエノールトからチェルシーの下部組織に加入。2013年にはクラブの年間最優秀若手賞を受賞した。さらに、2015-16シーズンにレンタル移籍していたワトフォードでも、年間最優秀若手に輝くなど、確かな実績を残している。しかし、レギュラーとして常時試合に出ることを望み、2017年にチェルシーからボーンマスへ完全移籍。目論見通り、現在はほぼ毎試合プレーしている。

■オラ・アイナ

オラ・アイナ

(1996年10月8日/ナイジェリア/トリノ/DF)
経歴:チェルシー→ハル・シティ(レンタル)→トリノ(レンタル)

2007年からチェルシーに在籍し、FAユースカップを2度、UEFAユースリーグを2度制覇するなど“最強世代”の一員として輝かしい実績を残してきた。昨季、自身初のレンタル移籍を決断すると、ハル・シティでリーグ戦44試合に出場。今季は活動の拠点をイタリアに移し、セリエAで活躍中だ。各年代でイングランド代表に選出されてきたが、A代表はナイジェリアを選択し、昨年10月にデビューを果たしている。

■ジェイク・クラーク・ソルター

ジェイク・クラーク・ソルター

(1997年9月22日/イングランド/フィテッセ/DF)
経歴:チェルシー→ブリストル・シティ(レンタル)→サンダーランド(レンタル)→フィテッセ(レンタル)

「ネクスト・テリー」とも称される若手センターバック。2006年にチェルシーの下部組織に入団すると、2013年にU-18チームに昇格。FAユース杯3連覇とUEFAユースリーグ2連覇を経験し、その間にはキャプテンも務めた。2016年4月のアストン・ヴィラ戦でトップチームデビューを果たしたが、その後はレンタル移籍で経験値を高めている。今季はフィセッテに加入し、自身初の海外挑戦にトライしている。

■フィカヨ・トモリ

フィカヨ・トモリ

(1997年12月19日/イングランド/ダービー・カウンティ/DF)
経歴:チェルシー→ブライトン(レンタル)→ハル・シティ(レンタル)→ダービー・カウンティ(レンタル)

U-8カテゴリーからチェルシーに在籍。2015-16シーズンにFAユース杯とUEFAユースリーグでダブル連覇を果たすと、最終節のレスター戦でプレミアリーグデビューを飾った。また昨年夏には、ジェイク・クラーク・ソルターとともにセンターバックを組んでU-20W杯優勝を経験している。今季はダービー・カウンティにレンタル移籍。チェルシーのレジェンドであるフランク・ランパード監督から直々に指導を受けている。

■ルーカス・ピアソン

ルーカス・ピアソン

(写真は今年8月のもの)

(1994年1月20日/ブラジル/チェルシー/MF)
経歴:チェルシー→マラガ(レンタル)→フィテッセ(レンタル)→フランクフルト(レンタル)→レディング(レンタル)→フルアム(レンタル)→チェルシー

「カカ二世」として、チェルシーの下部組織に迎え入れられたのが17歳のとき。2012年にはトップチームデビューを飾り、同年のクラブ年間若手最優秀選手にも輝いた。しかし、その後は欧州各国にレンタル移籍を繰りかえす日々。今季は所属先が決まらずに残留したが、トップチームの背番号は与えられず、将来は不透明なままだ。

■ナサニエル・チャロバー

ナサニエル・チャロバー

(1994年12月12日/イングランド/ワトフォード/MF)
経歴:チェルシー→ワトフォード(レンタル)→ノッティンガム・フォレスト(レンタル)→ミドルズブラ(レンタル)→バーンリー(レンタル)→レディング(レンタル)→ナポリ(レンタル)→ワトフォード

8歳でチェルシーに入団。2012年にはFAユースカップ優勝を果たしたチームのキャプテンを務めるなど、アカデミーでは中心選手として活躍した。しかしトップチームでは2016-17シーズンに公式戦15試合に出場したのみ。6度のレンタル移籍を経験したあと、昨年夏にクラブからの契約延長オファーを拒否してワトフォードへの完全移籍を選んだ。

■ルイス・ベイカー

ルイス・ベイカー

(1995年4月25日/イングランド/リーズ/MF)
経歴:チェルシー→シェフィールド・ウェンズデイ(レンタル)→MKドンズ(レンタル)→フィテッセ(レンタル)→ミドルズブラ(レンタル)→リーズ(レンタル)

2005年にチェルシーの一員となり、2014年1月のFAカップでトップチームデビュー。すると同年のクラブ年間若手最優秀選手に輝いた。翌シーズンは、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるトップチームへ昇格。さらなる飛躍が期待されたが、青いユニフォームを着てスタンフォード・ブリッジのピッチに立つ機会はまだ訪れていない。今季は通算5度目となるレンタル移籍で、2部リーズに所属する。

■ルベン・ロフタス・チーク

ルベン・ロフタス・チーク

(1996年1月23日/イングランド/チェルシー/MF)
経歴:チェルシー→クリスタル・パレス(レンタル)→チェルシー

8歳からチェルシーに在籍し、2014年のCLスポルティング戦でトップチームデビューを果たした。昨季はキャリア初となるレンタル移籍を決断。すると、リーグ戦24試合出場2得点の成績を残して、ロシアW杯のイングランド代表メンバーにも選出されるなど、飛躍のシーズンとなった。チェルシー残留が決まった今季は、勝負の1年となる。

■チャーリー・ムソンダ

チャーリー・ムソンダ

(写真は今年7月のもの)

(1996年10月15日/ベルギー/フィテッセ/MF)
経歴:チェルシー→ベティス(レンタル)→セルティック(レンタル)→フィテッセ(レンタル)

ザンビア人の両親のもとベルギーで生まれ、2012年にチェルシー入団。翌年にプロ契約を締結するも、トップチームは選手層の壁が厚く、2016年1月のベティス移籍を皮切りに武者修行を繰り返している。昨年秋には、青田買いを繰り返しながらもトップチームでのチャンスを与えないクラブの現状に対して不満を吐露。自身のインスタグラムに「(努力への)見返りは何もない」と想いをつづった。

■ケイシー・パルマー

ケイシー・パルマー

(1996年11月9日/イングランド/ブラックバーン/MF)
経歴:チェルシー→ハダースフィールド(レンタル)→ダービー・カウンティ(レンタル)→ブラックバーン(レンタル)

2013年にチャールトンからチェルシーの下部組織に加入すると、FAユースカップとUEFAユースリーグで2度の優勝に貢献するなど、主軸のひとりとして活躍。トップチームでの出場はないが、2016年4月にはベンチメンバーに名を連ねた。昨年夏には、2021年までの長期契約にサイン。クラブは将来性を高く買っており、レンタル先での成長が期待されている。

■ジェレミー・ボガ

ジェレミー・ボガ

(1997年1月3日/コートジボワール/サッスオーロ/MF)
経歴:チェルシー→レンヌ(レンタル)→グラナダ(レンタル)→バーミンガム(レンタル)→サッスオーロ

12歳でチェルシーのアカデミーに入団。次第に頭角を現し、FAユースカップ準優勝やU-21プレミアリーグ優勝を経験するなどアカデミーの中心選手として活躍した。しかし、トップチームに定着することは叶わず、フランスやスペインへのレンタル移籍を経て、今夏に正式に退団することを決意。セリエAに新天地を求め、サッスオーロで新たなスタートを切った。

■メイソン・マウント

メイソン・マウント

(1999年1月10日/イングランド/ダービー・カウンティ/MF)
経歴:チェルシー→フィテッセ(レンタル)→ダービー・カウンティ(レンタル)

6歳でチェルシーの下部組織に入団。攻撃的MFとして各カテゴリーで活躍すると、昨季レンタル移籍したフィテッセでは、クラブ年間最優秀選手に選出される好パフォーマンスを披露した。イングランド代表でも、2017年のU-19欧州選手権で優勝と大会MVPを獲得。今年10月には2部ダービー・カウンティに在籍しながらもA代表に初選出されている。チェルシーでのトップチームデビューが待ち望まれる選手の1人だ。

■ドミニク・ソランケ

ドミニク・ソランケ

(写真は今年7月のもの)

(1997年9月14日/イングランド/リヴァプール/FW)
経歴:チェルシー→フィテッセ(レンタル)→リヴァプール

各年代別のイングランド代表に選出され、2014年のU-17欧州選手権では優勝と得点王、2017年のU-20W杯では優勝と大会MVPのタイトルを獲得。世代屈指のタレントとしてエリートコースを歩んできた。しかし、チェルシーではトップチームデビュー戦となった2014年12月の出場を最後に出番がなく、昨年夏にリヴァプールへ完全移籍。ただマージーサイドでも、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの3トップが君臨しているため、出番は少ない。

■タミー・アブラハム

タミー・アブラハム

(1997年10月2日/イングランド/アストン・ヴィラ/FW)
経歴:チェルシー→ブリストル・シティ(レンタル)→スウォンジー(レンタル)→アストン・ヴィラ(レンタル)

ソランケと同じ2004年にチェルシーの下部組織に入団。2人で各ユースチームをけん引してきた。2016-17シーズンはレンタル先のブリストル・シティで公式戦26得点と大爆発。2部リーグの10代最多得点記録を樹立し、今季加入したアストン・ヴィラでもすでに2桁得点を挙げている。チェルシーでの競争は激しいが、盟友ソランケとの直接対決を待ち望むファンも少なくない。

(記事/Footmedia)

下部組織出身の有望株たちの今のバックナンバー

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る