2018.11.20

2部の複数クラブが反対も…EFLが『スカイスポーツ』との新契約締結を発表

EFL
EFLが『スカイスポーツ』と新契約締結で合意 [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランド・フットボールリーグ(EFL)は19日、イギリスの放送局『スカイスポーツ』と新たに5年の放映権契約を締結したことを発表した。放映権料は総額5億9500万ポンド(約861億円)となっている。

 EFLの発表によると、現行契約から放映権料は35パーセント増額したという。新契約は2019-20シーズンからスタートし、同シーズンはEFLの全138試合やプレーオフ15試合などが『スカイスポーツ』によって生放送される予定だ。EFLは、イングランド2部から4部までの計72クラブによって構成されるリーグ。毎シーズン、2部の上位3チームがプレミアリーグの下位3チームに代わって昇格する。

 ただ、イギリスメディア『BBC』によると、2部に所属するダービーやリーズ、アストン・ヴィラなど複数クラブが今回の契約内容について納得していない模様だ。各クラブに配分される金額について不満を抱いているといい、20日に行われる会合で対応を協議すると見られる。あるクラブの関係者はこの件について「EFLは戦争を開始した」とコメントしており、今後は両者の争いに注目が集まりそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る