2018.11.18

エヴラ、古巣マンU帰還へ…クラブは親善大使などのポストを用意か

パトリス・エヴラ
かつてマンチェスター・Uでプレーしたエヴラ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元フランス代表DFパトリス・エヴラは、古巣であるマンチェスター・Uへ戻ることになるようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が17日に伝えている。

 エヴラは10月以降、エド・ウッドワードCEOらとともにマンチェスター・Uの試合を観戦。同メディアによると、クラブは今夏にウェストハムを契約満了で退団して以降フリーとなっている同選手に対して、親善大使などのポストを用意する意向だという。実現すればエヴラにとって2014年以来の古巣復帰となる。

 現在37歳のエヴラは、2006年1月にモナコからマンチェスター・Uへ移籍。同クラブでは9シーズン在籍し、5度のプレミアリーグ制覇に不動の左サイドバックとして大きく貢献した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る