2018.11.17

サウスゲート監督、代表最終戦を終えた歴代最多得点FWルーニーを称賛

ルーニー
ルーニーはイングランド代表最終戦を終えた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が引退を発表した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーを称賛した。

 ルーニーは15日に行われたアメリカ代表選を持ち、イングランド代表を引退した。同選手は公式戦通算120試合に出場し、53ゴールをマーク。歴代最多得点者の記録を保持している。

 サウスゲート監督はルーニーについて次のように語った。

「今夜のルーニーは素晴らしいタッチがあり、ボールを通して優美にプレーする場面があった。ルーニーは(アメリカ代表GK)ブラッド・グザンからおとぎ話のようなハッピーエンドのゴールまであとわずかだった」

「我々は若手の選手たちを主に確認したかった。優れたレベルのたいせない手で彼らをテストしたかった」

「我々はまだ経験の浅いチームだ。彼らは試合に出場して多く学び、我々は最も偉大な選手の一人をリスペクトすることができた」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る