2018.11.15

マンCのメンディ、左ひざ手術の成功を報告「もう何も問題はない」

バンジャマン・メンディ
左ひざを手術したメンディ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディが、左ひざの手術を行ったことをクラブ公式HPが14日に発表した。

 クラブの発表によると、メンディは11日に行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・U戦にフル出場したものの、試合後バルセロナのドクターの診断を受け、左ひざの手術が必要であることが発覚。すでに手術は水曜日(14日)の夕方に行われ、無事に成功したようだ。しかし、全治までの期間は明らかにされていない。

 メンディは自身の公式インスタグラムを更新し、「もう片方のひざは嫉妬していたが、手術はうまくいった。もう問題は何もない」と経過が順調であることを明かしている。

 メンディは昨シーズン、右ひざ前十字じん帯を断裂し、長期離脱を余儀なくされていた。ケガから復帰した今シーズンは、ここまで公式戦11試合に出場し5アシストを記録していたが、再び負傷離脱することとなった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る