2018.11.15

DFサバレタ、今季限りで現役引退へ…かつてはマンCで9年間プレー

パブロ・サバレタ
昨季からウェストハムでプレーしているサバレタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェストハムに所属する元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが、今シーズン限りで現役を引退するようだ。スペイン紙『スポルト』が12日に報じている。

 報道によると、サバレタはかつてプレーしていたエスパニョールの本拠地で、同選手の妻と出会ったバルセロナでの生活を望んでいるという。すでに家も決めており、15年のプロ生活に終わりを告げる準備を進めているようだ。

 現在33歳のサバレタは、サン・ロレンソでプロデビューを果たし、2005年夏にエスパニョールへ加入後、2008年夏にマンチェスター・Cに移籍した。同クラブでは9シーズンプレーし、通算333試合に出場。2度のリーグ優勝を含む、6つのタイトル獲得に貢献した。2017年夏からはウェストハムでプレーし、今シーズンはリーグ戦第12節終了時点で9試合に出場している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る