2018.10.22

ヴァーディ、代表引退を振り返り「家族と過ごしたり、調整する方が良い」

ジェイミー・ヴァーディ
レスターに所属するヴァーディ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが代表引退について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が22日に伝えている。

 ヴァーディは、2015年にデビューしたイングランド代表では25試合に出場し、7得点を記録。2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場した後の8月28日に代表からの引退を表明した。「毎週毎週クラブのためにプレーしていると、イングランド代表にいくべきだと言うかもしれない。だけどこの年になると家で家族と過ごしたり、インターナショナルウィーク明けの試合に向けてクラブで調整を行うほうが良いと思うようになるんだ」と語っている。

 昨シーズン“トップ6”と称される上位6チームを相手に最多の11得点を挙げたヴァーディには、同日に行われるインターナショナルウィーク明けのアーセナル戦でも得点に期待が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る