2018.10.22

チェルシー戦の騒動でモウリーニョに処分? ベンチ入り禁止のおそれ

モウリーニョ
チェルシー戦の騒動でモウリーニョ監督にも処分か [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、ベンチ入り禁止処分を受けるおそれがあるようだ。イギリス紙『デイリーエクスプレス』が21日付で伝えている。

 モウリーニョ監督は、20日のプレミアリーグ第9節・チェルシー戦で後半アディショナルタイムに失点した際、チェルシーのコーチであるマルコ・イアンニ氏の過剰な喜び方に怒りをあらわにし、激高した。この件に関しては、モウリーニョ監督の目の前でガッツポーズを見せ、また何か言葉を発したイアンニ氏に非があったとして、試合後にサッリ監督がイアンニ氏とともに直接謝罪している。

 ところが、同紙によると、両軍入り乱れる騒動に発展したことをイングランドサッカー協会(FA)が問題視しており、イアンニ氏だけでなくモウリーニョ監督にも処分が下されるかもしれないのだという。同監督は6日の第8節・ニューカッスル戦後にポルトガル語で暴言を吐いた疑いで24日にFAの事情聴取を受ける予定。この場で、チェルシー戦の騒動についても触れられるおそれがある。

 FAは“喧嘩両成敗”のスタンスのようだが、モウリーニョ監督からすればとばっちりもいいところだろう。マンチェスター・Uは次節、28日にホームでエヴァートンと対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る