2018.10.21

モウリーニョ、チェルシーコーチに激昂も「私も多くの過ちを犯してきた」

ジョゼ・モウリーニョ
チェルシーのコーチに激昂したモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、同点弾を喜ぶチェルシーのコーチに激怒したことについてもう問題はないと語った。21日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 プレミアリーグ第9節が20日に行われ、マンチェスター・Uチェルシーが対戦。試合は前半、チェルシーがアントニオ・リュディガーのゴールで先制したが、後半にアントニー・マルシャルが2得点を挙げ、逆転に成功した。しかし、後半アディショナルタイムにロス・バークリーが値千金の同点弾を決め、試合は2-2で終了した。

 問題の場面はバークリーの得点後に発生した。同点弾に喜びを爆発させたチェルシーのコーチであるマルコ・イアーニ氏が、モウリーニョ監督の目の前でガッツポーズ。さらに何か言葉を口にしたことで、モウリーニョ監督が激昂し、両軍入り乱れる騒動に発展した。

 試合後、この場面についてモウリーニョ監督は、「私は何についてもイラついてはいない。(マウリツィオ)サッリがすぐに私のところに来て、内部で問題を解決すると言った。そのあとにアシスタントコーチも私のところに来て謝罪した」と語り、次のように続けた。

「私は彼に、もし本当に悪いと思って謝罪する意思があるのなら、もちろんそれは受け入れる。そして忘れようと言った。私もこれまでのキャリアで多くの過ちを犯してきたから、たった一度の過ちで彼を終わらせるつもりはない」

 一方、チェルシーのサッリ監督は、「正直言って見ていなかったが、ジョゼとは話をしたよ。もちろん、そのあとには私のスタッフとも話をした。こちら側が明らかに悪いと思ったからね。すぐに解決しなければいけなかった」と振り返った。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング