2018.10.20

ドルトムント指揮官、好調アルカセルの状態は「注意深く見守る必要がある」

ドルトムント
ファブレ監督とパコ・アルカセル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が今季好調のスペイン代表FWパコ・アルカセルの状態について冷静にコメントした。

 スペイン紙『マルカ』によると、P・アルカセルは今シーズン、所属するドルトムントとスペイン代表で277分間のプレータイムを記録し、10得点を記録。クラブではスーパーサブとしての起用が続いているものの、公式戦171分の出場で7得点と、ハイペースでゴールネットを揺らしている。

 ファブレ監督はアルカセルの好調ぶりを認識しつつも、今後の起用方針について冷静にコメントした。

「アルカセルが90分プレーしたことはここ2、3年ないはずだ。ドルトムントに加入したときもまだ十分な状態ではなかった。だが、日々向上させてきた」

「もちろん彼はいい選手だが、注意深く状態を見極めなければならない。我々は多くの試合をこなさなければならないし、復帰直後に全力でプレーすることはできないからね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る