2018.10.18

スアレスの後釜に? コウチーニョ、バルサにフィルミーノ獲得を推薦か

コウチーニョ、フィルミーノ
リヴァプールでともにプレーしたコウチーニョとフィルミーノ(左から) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今年1月にリヴァプールからバルセロナへ移籍したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、同FWロベルト・フィルミーノと再びクラブレベルでプレーすることを望んでいるようだ。スペインのテレビ番組『El Chiringuito de Jugones』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が17日に報じている。

 報道によると、コウチーニョがバルセロナにフィルミーノ獲得を推薦したという。同クラブの前線にはウルグアイ代表FWルイス・スアレスが君臨しているが、現在31歳。先月末のスペインメディア『ドン・バロン』が将来的なMLS(メジャーリーグ・サッカー)移籍の可能性を報じるなど、後釜確保に向けた動きも取り沙汰されている。

 コウチーニョは今年1月、リヴァプールからバルセロナへ移籍した。フィルミーノとはリヴァプールで2015年からともにプレーしたほか、ブラジル代表でも攻撃陣を形成している。バルセロナでの共演が実現する可能性はあるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る