2018.10.17

M・アロンソ、早ければ月末にも契約延長へ…レアルの動きを牽制する狙いか

マルコス・アロンソ
スペイン代表でプレーするマルコス・アロンソ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するスペイン代表DFマルコス・アロンソは契約延長に近づいているようだ。イギリス紙『イヴニング・スタンダード』が16日に報じている。

 2016年にチェルシーへ加入したアロンソの現行契約はまだ2年半ほど残されているが、同メディアによるとチェルシーは同選手の動向に注視しているレアル・マドリードを牽制するために2年程度の契約延長を行う見込みだという。

 アロンソは、「僕の契約はまだ2年もあるけど、クラブが延長を申し出てきたんだ。これについて議論は進んでいるし、交渉も上手くいっているから今月末にはサインできるかもね」と契約延長についてコメント。また、「僕が強い関心を持っているのは、チェルシーとスペイン代表でプレーしてタイトルをつかみ取ることだ。契約に関しては落ち着いているよ」と語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る