2018.10.15

元アーセナル指揮官ヴェンゲル氏、ラムジーの契約事情について言及

ラムジー
ラムジーは新契約を締結する可能性もある [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルを22年間率いたアーセン・ヴェンゲル氏は、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの契約事情についてコメントを残した。15日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ラムジーは今シーズン限りで契約が満了するが、未だ新契約締結に至っていない。ヴェンゲル氏が就任中も新契約締結に向けて交渉が行われていたが、合意に達することはなく、契約満了まで1年を切ってしまった。

 同氏はラムジーについて次のように語った。

「我々は新契約を締結しようと必死だったが、実現することはなかった。現在アーセナルで何が起きているか私は把握していないが、ラムジーは現在優位な立場にいる。彼はその立場を最大限にまで活用するであろう」

「しかし、私もアーセナルがどこまで彼の残留を望んでいるのかわからない。以前はこういった問題も私の責任であったが、今はもう違う」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る