2018.10.15

バーンリーGKヒートン、来年1月の移籍を示唆…英代表経験持つ実力者

トム・ヒートン
バーンリーGKトム・ヒートンが移籍を示唆 [写真]=Fantasista/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バーンリーのイングランド人GKトム・ヒートンが、来年1月の移籍市場での他クラブ移籍を示唆している。イギリス紙『デイリーミラー』が14日付で同選手のコメントを伝えた。

 今シーズン、バーンリーはGKニック・ポープやGKジョー・ハートなど、計5名のGKを擁している。ヒートン、ポープ、ハートはいずれもイングランド代表に名を連ねた過去を持つが、ここまではプレミアリーグ全8試合でハートが先発出場。ヒートンは全ての試合をベンチから見届けている。

 ヒートンは昨シーズン、肩のケガで長期離脱を経験し、プレミアリーグでの出場は昨年9月10日の第4節クリスタル・パレス戦が最後だ。1年以上リーグ戦のピッチに立っておらず、カップ戦要員にとどまっている同選手だが、レギュラーとしてプレーしたいという思いを明かしている。

「ヨーロッパリーグのイスタンブール・バシャクシェヒル戦でジョーは先発を託された。その週末のプレミアリーグ開幕戦・サウサンプトン戦でも監督は彼を起用したけど、僕は不満だった。僕は嘘をつけない。難しかったよ。ジョーが優れたGKであることは分かっているし、彼を本当にリスペクトしている。でも、本当に正直なことを言えば、僕はプレーすることを期待していたんだ」

「1月の移籍市場になったら、自分の意思を明らかにするよ。僕のキャリアの中でずっと変わらないこと、それは試合でプレーするために移籍をするということだ」

 ヒートンは現在32歳。これまではブリストルやカーディフなどでもプレーした。通算ではプレミアリーグで77試合、チャンピオンシップで185試合に出場している。イングランド代表としては3試合に出場した経験を持つ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る