2018.10.15

アザール、強硬手段での移籍は否定「クラブとは決して衝突したくない」

アザール
レアル移籍が噂されるアザール [写真]=Chelsea FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、かねてから噂されるレアル・マドリードへの移籍についてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日付で伝えている。

 アザールは、レアル・マドリードへの憧れを公言しており、今夏の移籍市場でも大きなトピックとして注目を集めた。最近でも移籍の噂が再燃しており、依然としてビッグディール実現の可能性は残されている。同メディアによると、アザールは移籍自体を否定することはなかったが、少なくとも移籍に向けて“強硬手段”に出ることはないと明言した。

「僕に対するチェルシーの考えははっきりしていた。(今夏の移籍市場で)クラブを去ることはできなかったね。だからそれを受け入れたんだ。移籍していても、残っていても、幸せになれるのは分かっていた。全く後悔はしていないよ」

「クラブとは決して衝突したくないんだ。もし僕がチェルシーを出ていくなら、良い関係のまま去るだろう」

 アザールはこのように語り、自身を売却するようクラブに迫る考えはないとした。チェルシーは同選手と長期契約を締結すべく動いていると報じられているが、今後両者はどのようなやり取りを行っていくだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る